沖縄から人形劇団「かじまやぁ」がやってきた-いいだ人形劇センターのお知らせブログ

「人形劇のまち飯田」から、人形劇を通してわくわくを発信します

ホーム >  いいだ人形劇センターのお知らせブログ >  沖縄から人形劇団「かじまやぁ」がやってきた

いいだ人形劇センターのお知らせブログ

沖縄から人形劇団「かじまやぁ」がやってきた

飯田市座光寺麻績の館にて、沖縄の人形劇団「かじまやぁ」の公演が行われました。

台湾の伝統片手遣い人形「布袋戯(プータイシ)」の人間国宝五代目・鐘任壁老師に弟子入りし、

日本人でただ一人免許皆伝を受けた同劇団代表の桑江純子さんが、

沖縄の民話をもとにした作品「チョンダラー」を上演しました。

人形が舞台狭しと駆け回り、宙を舞い...躍動感あふれる人形の動き。

そして最後は主人公・チョンダラーによる皿回し! 観客は拍手喝采でした。

かじまやぁa.jpg

明日、10月19日(日)は午前10時30分~平谷村合同庁舎にて公演を行います。

お時間のある方、ぜひ平谷村へお出かけください。

(14/10/18)

ひとつ前に戻る