フィリップさん奥義を伝授-いいだ人形劇センターのお知らせブログ

「人形劇のまち飯田」から、人形劇を通してわくわくを発信します

ホーム >  いいだ人形劇センターのお知らせブログ >  活動の記録 >  フィリップさん奥義を伝授

いいだ人形劇センターのお知らせブログ

フィリップさん奥義を伝授

屋外公演終了後、フィリップ・サーモントさんを講師に

「ポリシネルを演じてみよう!」という講座を開催しました。

この講座のポイントは、フィリップさんから片手遣いの人形操作を教えてもらうだけでなく、

「ポリシネル」の上演に必要不可欠な 『人形以外の道具』 をつくること!

公演をご覧いただいた方ならお分かりになると思います。

主人公のポリシネルが言葉を発するときに「ズーズー」というような声を発するのですが、

この声を出すためには「スワッズル」というリードのようなものを口の中に含みます。

実はこのスワッズル。フィリップさんによると、師匠が弟子にもつくり方を伝授しないとか。

自分の口のカタチに合うよう、さらに良い音が出るよう、何度も何度もつくり直して

"自分のもの"を完成させるのだそうです。

まさに 「門外不出」 というべき奥義を飯田で披露してくださった、というわけです。

WS.jpg

参加した皆さん。苦労しながらも、とっても楽しそう。

スワッズルが完成し始めると会場は「ズーズー」「ブーブー」とポリシネルの声が響きっぱなしでした。

(14/10/12)

ひとつ前に戻る